宮崎のキャバクラやガールズバーでお客様に使える会話の基本テク!

接客テクニック
中田
中田

こんにちは!

ナイトワークアドバイザーの中田です。

今回は宮崎の夜のお仕事を始めたての初心者の方に読んで頂きたい記事になってます!

宮崎のキャバクラやガールズバーで働く女性に知ってほしい(主に初心者の方!)、会話の基本的なテクニックについてご紹介します。

初めましての会話を工夫してみる

キャバクラやガールズバーでお客様に着いた時、大体最初の会話って決まってますよね。

簡単に名前を教えたり、名刺を渡した後は

  • 「お仕事なにされてるんですか?」
  • 「年齢っていくつですか?」
  • 「このお店初めてですか?」
  • 「(観光客なら)何処から来たんですか?」

こんな感じでしょうか。

 

遊び慣れているお客様の場合

誰がついてもこの質問されるよなぁ…

と、内心面白くないと感じてしまう可能性があります。

初めて行った店で付いたキャスト全員からこの質問を受けて答えてを繰り返していれば、退屈してしまう可能性も0ではありません。

 

初めましての会話を周りと少し変えるだけでも

この子は他とは違うかも…

なんて思って貰える可能性が高くなります。

たくさんいるキャストの中から自分を特別扱いして貰うには、こうした周りとの差別化が大切になります。

具体的な会話例

お客様の情報を聞く時はストレートに質問せず、ワンクッション置いたり別の話題と繋げると効果的です。

 

「あれっ?前にどこかでお会いしたことないですか…?初めましてですかね?」

 

「えー!腕の筋肉凄いですねー!お仕事でこうなったんですか?筋肉質の人好きなんですよー」

 

「私お客さんの年齢すぐ当てれるんですよ!〇〇歳じゃないですか?」

 

売れているキャストは直接質問するのではなく、この様な言い回しを上手く使います。

単なる質問で終わらせず、「会話している」という感覚を大切にするのです。

とにかく褒める

「お客さんを褒めるのってなんか営業臭くてヤだなぁ…」

 

なんて考える人も多いですが、キャストとして働いている間はバリバリの営業トークでOKなんです!

気にせずガンガンお客様を褒めまくりましょう。

 

キャストから褒められて

あーこの子営業トークしてるわぁ…

なんて考えてる人なんてほとんどいません。

っていうかそもそもキャバクラやガールズバー自体が

そういう営業トークを楽しむ施設ですから(笑)

 

褒め言葉に対して露骨に嫌がる態度を見せてこない限りは

褒めて褒めて褒めまくりましょう!

まとめ

今回は宮崎のキャバクラやガールズバーで簡単に実行できる、接客・会話の基本を解説致しました。

初心者の方や指名を増やしたい方はぜひ本記事を参考に頑張ってみて下さいね!

中田
中田

いきなりたくさんのことを覚えても実行には移せません。

まずは一つずつ実行して、自然に口が動く様に刷り込んでいきましょう